自律神経

あら?その顔、セサミン不足じゃないの?

子供の頃って誰もが朝になるとスッと起きることが出来ていたと思います。
寝坊して親に起こされることになったとしても、洗面所で顔を洗うことによってスッキリとして顔に戻すことが出来ていたのにも関わらず、年齢を重ねていくとどんどんと起きるのが辛くなってしまい、今では毎朝とても他
人には見せることの出来ない顔になってしまっているかもしれません。

朝スッキリと目が開けられないと、会社に行ってもなんかやる気が出てきませんよね。
若い頃は遊びで寝不足なってしまい、そして現在はやる気が出なくてダラダラとした朝。
これでは自分の人生全てがダラダラ状態でいるのかもしれません。

朝スッキリと気持ちよく起きることが出来ないことが続いてしまいますと、肉体的だけではなく精神的にも辛くなってしまいます。
毎朝だるいと思いだらだらと起きて、まだ寝ていたのにも関わらず無理やり起きることになります。
もしかしたらその朝の顔の状態、セサミンが不足しているのではないでしょうか?

特に病気でも無いのに、スッキリを目覚めることが出来なかったり、眠った気がしないという方は、セサミンが不足してしまっている可能性があります。
寝ている時のリラックス状態の時に働くことになる神経というのが副交感神経です。
そして普段仕事や家事などをしている時は交感神経です。

副交感神経というのは私たちが睡眠をとっている時間帯に、傷ついてしまった細胞などを修復してくれているのです。
このような修復機能が正しく働いていないということは、それはつまり身体に疲労が残ってしまっているからなのです。
現在はストレス社会とも言われていることから、心身ともにストレスを抱えてしまっている状態ですと、どんなに睡眠を長時間とったとしても疲労感を改善することが出来ないのです。
これを効率的に改善してくれるのがセサミンであり、http://zenibo-milimania.world.coocan.jp/work.htmlにも書いてあるように、毎朝の人には見せられない顔を、キリッと一日の始まりを感じさせるようなスッキリとした顔にすることが出来ます。
セサミンの驚きの健康パワーについて詳しくはhttp://www.xpressprint-online.com/

Copyright(C) 2013 体の若さや健康の為に必要な栄養素 All Rights Reserved.